読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

【試験内容や選んだ理由について】エンジニア養成学校『ジーズアカデミー』に合格しました。

エンジニア養成学校の『ジーズアカデミー』に合格しました。

どんな学校か試験内容はどうだったか、

なんでジーズアカデミーを選んだのかなどについて書いていきます。

 

ジーズアカデミーとは

f:id:buried_treasure:20151012125153p:plain

デジタルハリウッド運営するエンジニア養成学校のことです。

 

ジーズアカデミーのHPはこちらです。

ジーズアカデミー:http://gsacademy.tokyo/

 

僕がジーズアカデミーを選んだ理由

・社会人でも通いやすい。

週末の土曜か日曜に授業があり、社会人でも通いやすい。

毎回授業後に課題が出て、優秀者は次回の授業のみんなの前で発表。

この課題がプログラミング初心者の私としては結構重たい。

 

・面白い人が集まっている予感がした

社会人をしながら、お金を払って何か新しいことを学ぼうとする人逹と一緒に学べるのは良い経験だと思った。

合格者は文系の国立大学卒業生が多く全体の4割以上を占める、東大、京大、一橋、早稲田、慶応などの高学歴な人たちが集まっている。

 

・授業料後払い制度

最初に入学金を払い、その後授業を5回くらい受けて、授業料を払うかどうかを決められる。

プログラミングが自分に合うかどうかもわからなかったので、合わなかった場合すぐに止められるのは嬉しい。授業料後払いの可能にしているのは、授業に自信があるのではないかと思いました。

 

・デジタルハリウッドが運営している

他のエンジニア養成学校と比較しても、デジタルハリウッドが運営しているので、内容が充実しているように感じた。

 

こちらのサイトでいろいろ比較されているのを参考しました。

programming-study.com

 

下記の2つとジーズアカデミーで迷いましたが、ジーズアカデミーにしました。

テックキャンプ:https://tech-camp.in/

コードキャプ:https://codecamp.jp/

 

試験について

第1期生選抜の試験は、定員50名のところ受験者数は143名で、合格者の平均年齢は28.3歳、最年長は39歳とのこと。結構落ちる。同じ会場でテストを受けてた人の半分以上落ちていました。

試験までの流れ

ジーズアカデミーの説明会に参加

説明会に参加すると入学試験の受験資格を得られる

IQ型試験かIDEA型試験を選んで受験

合否

 

ちなみに僕はIQ試験を選びました。

プログラミングで一体どんなことができるかわからなかったし、

どんなことがしたいとかまだなかったので、IQ試験にしました。

 

IQ試験について

IQ試験についてはよくある、計算問題や図形を選択するものでした。

図形を選択する問題は下記のURLのようなIQ試験でした。

英語を選択すると問題が出ます。

ちなみにジーズアカデミーの試験は日本語でした。

http://iqtest.dk/main.swf

 

こういう問題は慣れなので、慣れておくと良いかもしれません。

僕は大学生の頃、一時期IQテストの勉強をしていたので、今回の試験では合格することができました。

 

問題数がかなり多く、慣れていないと全ての問題を解くことはできないと思います。

試験前に問題集などを買って勉強したほうが良いかもしれません。

 

IDEA試験について

IDEA試験について、受けた人に聞くと、

試験内容は、自分が作りたいWebサービスを試験官と受験生の前で約5分間でプレゼンするというものだったそうです。

プレゼンのうまい人、そうでない人がはっきりしていて、合格する人そうでない人が明確にわかるようです。

プレゼンに自信のある方はIDEAを受けると良いかもしれません。

 

再挑戦について

ジーズアカデミーで1期生、2期生と募集をしていて、再挑戦している人もチラホラいました。IQで1回目受けたが、不合格だったので、IDEAでリベンジして合格する人も少なくはなかったです。合格者の2〜3割の人が再挑戦の人だったのかなという印象。

 

そんなこんなで、とりあえず学校に入ることになったので、

今後は授業などについてもブログとして書いていこうと思います。