読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

【プログラミング学習日記】これからProgate Campに行こうと悩んでいる人へ。Progate Camp(Ruby実践講座編)に行ってきた。授業の内容や感想について。【プロゲートキャンプ】

僕はプログラミング学習を始めて、2ヶ月の初心者です。

ちなみに社会人をしていて、これまでプログラミングとはあまり関係の無い職種についています。

 

その僕が先日、Progate Campというプログラミング学習イベントに行ってきました。

Ruby実践講座編という回でした。今回は授業の内容や感想について書いていきます。

そもそもProgate Campに参加した経緯

ウェブサービスを作りたいと思い、インターネットに興味を持ちプログラミングを独学で始めました。

まずは動画学習サービスで勉強をするが挫折

まずは、ドットインストールschoo(スクー)などの動画学習サービスを使ってhtmlやcssから勉強したが、初心者には少しレベルが高いと感じたのと、1ヶ月間ほど勉強したが身についている感じがしなかった。僕に学習センスがなかったためか、とにかく勉強がつまらなかった。写経が必要とインターネットに書いてあったので、写経しまくったが挫折。

本で勉強を始めるが挫折

やはり基礎から勉強するには、本で勉強するしかないのかと、一冊の本で勉強しました。この本はかなり、細かく書かれていて、理解力の弱い僕でも一通り理解は出来て、クジラカフェというカフェのホームページのようなものは作ることが出来た。ただ、本に沿ってクジラカフェというサイトを作ることができたが、これから新しいものを作ろうと思った時、何から手をつければ良いかわからなかった。出来ているものを打ち込んでいく能力はついたが、実際に作る力は全くついていない。これではダメだと思い、知り合いにどうしたら勉強が捗るか、何を使えば良いかと聞き紹介されたサイトがProgateだった。

 

HTMLとCSSの勉強で使った本

この本自体はわかりやすいので、HTMLやCSSを始めたいけど、何から勉強したら良いかわからないという方におすすめです。

www.amazon.co.jp

Progateについて

こちらがプログラミング学習サービスのProgateです。

prog-8.com

使っている感じから、わかりやすさと使いやすさにこだわっているサイトだなというのは感じられた。一通り講座をやってみたが、内容は他のサイトよりわかりやすく、基礎は理解することは出来たが、まだウェブサービスを作るのには何か足りないと思ったのと、とにかくプログラミング学習がつまらなくて仕方なかった

 

Progateサイトを使っていると、ProgateCampというイベントの募集があり、ここへ行ってどうしたら、プログラミングの勉強が楽しくなるか聞けば今の状況を打開出来ると思い、イベントに参加しました。参加費用は3000円で6時間も授業あり、非常に安かったので参加しました。

今回参加したProgate Campの事前課題について

授業内容はRuby実践講座編というものでした。

参加する前に事前課題があり、事前に勉強していきました。

今回の事前課題は、Ruby基礎編でした。4時間くらいで出来る内容です。

prog-8.com

文字列の出力、メソッドや変数、条件分岐や配列、繰り返し処理などです。

特に最初は難しいことはなく、最後の方で少しつまるくらいのものでした。

Progate Campに参加したところ、これが6割くらいできていたら問題無いようです。

当日の授業ではRuby基礎編で使うスライドを見ながらコードを書くので、メソッドの暗記などをする必要はありません。

 

僕自身、当日の授業で超基礎の文字列の出力の仕方を暗記しておらず、スライドを見たくらいのレベルです。ちなみに文字列の出力とは「puts "Hello"」とかです。こんな僕でも授業についていくことが出来たのでこれから参加する人は安心してください。

どんな人がProgate Campに参加していたか?

 集まったのが、20〜30人くらいで、男性が8割くらいでした。この講座はプログラミング経験不問で初心者歓迎の講座だった為か、全く勉強とかはしたことないけど、プログラミングを知っているという初心者の人が6割〜7割くらいでした(体感)。中には自身でサービスを作り始めている人などもいました。

Progate Campの授業を教えてくれる人

講師とメンター(4 人くらい)がいました。そのメンバーがとても豪華でした。Progateの幹部の方々が勢ぞろいでした。皆さんとても良い方で、説明もわかりやすいので、気持ち良く教わることができました。Progateのメンバーは全員エンジニアとしての経験があるようです。

・講師

村井 謙太さん(ProgateのCOO)

 

・メンター

南部 旭彦さん

加藤 將倫さん(Progateの代表)

あともう一人の方がいました。(名前を忘れてしまい申し訳無いです。)

 

ホームページに写っている方々でした。

Progate のホームページ

prog-8.com

 

Progate Campの授業内容

まず始めに取りかかったのがこの問題でした。
① puts
  • 「Hello, camp!」と表示してください
  • 10 + 4を文字列として表示してください 

※答えは下記に記載します。

 

僕はこの問題からつまづいて、書き方の暗記をしていなかったので、Ruby基礎編で使うスライドを見ながらコードを書きました。このレベルの問題でも、会場にいたProgateのスタッフがしっかりとついてこれていますかーと確認を取っていたので、会場の全員が授業についていけている感じがしました。

 

答えはこんな感じです。

puts "Hello,camp!"

puts "10+4"

 

他に出た問題はこんな感じでした。

 

② 数値
  • 1年が何時間かを計算してputsしてください
  • 10年が何分かを計算してputsしてください
 
③ メソッド
  • 文字列”ruby”の文字数を表示してください
  • 1.41と1.72を、それぞれ四捨五入して足し、表示してください

※答えは下記に記載します。

 

それぞれ答えはこんな感じでした。 

 

puts 365*24

puts 365*10*24*60

puts "ruby".length

puts 1.41.round

puts 1.72.round

 

色々と問題があった後、最後らへんで出てきた問題は下記のような内容でした。

最初の問題と比べるとだいぶ複雑になります。

 

数字当てゲームを作ろう!
  • 乱数の生成
    • randメソッドを用いて1~10の間のランダムな数字を生成し、answerという変数に代入してください
    • answerに代入された数字を用いて、「正解は◯◯です」と表示してください
  • 数字の入力を受け取ろう
    • 以下は、正解を表示するコードの上に記述してください
      • 「1~10の値を入力してください」とputsしてください
      • gets.chompを用いて、入力値を受け取り、numberという変数に代入してください
        • (gets.chompで受け取った値は文字列なので、to_iメソッドを用いて数値に変換しましょう)
      • numberに代入された数字を用いて、「入力された値は◯◯です」と表示してください
  • 結果を表示しよう
    • if文を用いて、結果を表示します
      • numberがanswerより大きい場合には「正解より大きいです」と表示してください
      • それ以外でnumberがanswerより小さい場合には「正解より小さいです」と表示してください
      • それ以外の場合は、numberとanswerは等しいので、「正解です」と表示してください
  • 繰り返し回答できるようにしよう
    • while文を用いて、正解するまで繰り返し回答できるようにします
      • 入力値を受け取るところから、最後までをwhile文で囲ってください
      • 正解を表示する行をループの外に移動してください

※答えは下記に記載します。

 

答えは下記のようになりました。

answer = rand(10)+1

puts "正解は#{answer}です"

 

while true

  number = gets.chomp.to_i

  puts "入力された値は#{number}です"

 

 

  if number > answer

    puts "正解より大きいです"

  elsif number < answer

    puts "正解より小さいです"

  else

    puts "正解です"

    break

  end

end

 

授業の問題はこんな感じでした。

事前課題をやっておけば、講師やメンターが丁寧に教えてくれるので、ほぼ理解することはできます。

Progate Campに参加しての感想

やっぱり理解できて作ろうと思った物が正常に動くとプログラミングは楽しいと感じることができました。Progate Campではわからないところがあっても分かる人がそばにいてすぐに聞くことができました。プログラミング学習をこれから始めようと思うけど、何から始めたら良いかわからないって人やプログラミングに興味はあるけど一体どんなものなのか知りたいって人にはすごくおすすめのイベントです。

質問してみた

プログラミング学習がどうすれば楽しくなるか質問してみました。

今回の講師であり、ProgateのCOO、村井 謙太さんに聞いてみました。

 

聞いた内容を簡単にまとめると

一回基礎を勉強したら、自分が作りたいサービスを作るしかない。自身の経験からサービスを作らないとプログラミングは楽しくならなかったそうです。それとプログラミングを知っている人の元で教えてもらいながら学習するのが最重要というアドバイスも頂きました。本当に身に付けたいなら企業にもよるけど、インターンなどをして教えてもらいながら勉強するのが良いかもしれないというようなことを聞きました。

 

※メモとか取らずに話を聞いたので、村井さんの言葉全てが一致しているわけでは無いです。僕の勝手な解釈が入っている可能性があります。

 

Rubyはwebサービスを作るにあたって、比較的理解しやすい言語なので、Ruby on Railsの講座をこの後やって欲しいと言っていました。

 

以上がProgate Campの内容と感想でした。

ここまで見て頂きありがとうございました。