読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

【動画ブログ】鍛治野友美さんvs大渕野々花さん Sing!Sing!Sing! _3rdシーズン!【三次予選】トーナメントライブ審査⑫⑬⑭

鍛治野友美さんvs大渕野々花さん。Bブロック、3回戦。

この試合でBブロックの敗退者が決まる試合。

試合前は鍛治野友美さんが勝つと予想。

個人的に鍛治野さんファンなので、鍛治野さんに残って欲しい。

 

今回から動画のシングシングシングの歌がナレーションというか入りの歌が変わっている!!

まずは先攻は鍛治野さんです。鍛治野友美さん、曲はアンジェラ・アキさんで「始まりのバラード」

www.youtube.com

一回戦で負けてから歌うのは、鍛治野さんも大渕さんもかなりきつそう。

敗者に気を抜く時間はないってのは、エグい番組だなと思う。

対戦前のコメント

・鍛治野友美さん

先ほどの1回戦目で負けてしまってすごく悔しい思いをしたので、その悔しい思いを歌にぶつけて歌いたいと思います。

 

・大渕野々花さん

さっきより、全然必死な気持ちがすごく強いので、それに逆に歌が押されてしまわないように気をつけながらも、歌に違う形でぶつけられたらなと思います。

 

鍛治野さんの歌唱

個人的には鍛治野さんの良さが出ているなと思いました。というか鍛治野さんのファンなので、ひいきしてしまい、毎回良く聞こえてしまいます。正当な判断が出来ていないです。 

 

原曲

アンジェラ・アキさんの「始まりのバラード」

www.youtube.com

この曲は杏さん主演のフジテレビ系連続ドラマ「名前をなくした女神」の主題歌です。PVにも杏さんは出演しています。

 

桑田さんが絶賛した曲

桑田佳祐さんが2011年ベストソングの第6位に選出し、「地味な作品だが、歌、アレンジ、メロディー 実に素晴らしい。アンジェラは凄い才能です。Aメロ、Bメロ、Cメロの流れが最高。大きなお世話だが詞がどうなんだろう?と思う時があるものの、彼女の作曲能力というのは素晴らしい、大ファンです。」と語り、本作品を絶賛していた。

鍛治野友美さんについてはこちらの記事でも記載しています。

鍛治野さんが気になった方はご覧ください。

 

3次審査、1回戦で山城佳子さんと対決した時の歌唱

鍛治野友美さんで、曲は井出綾香さんの「雲の向こう」

buried-treasure.hatenablog.com

 

2次審査で茂木薫実さんと対決した時の歌唱

1次審査での歌唱

鍛治野友美さんで、曲は阿部真央さんの「じゃあ、何故」いきものがかりの「YELL」

buried-treasure.hatenablog.com 

後攻は大渕さんです。大渕野々花さん、曲はSuperflyさんで「タマシイレボリューション」

www.youtube.com

大渕さんの歌唱

Superflyは、難しい曲選んだなぁ〜と思いました。大渕さんは毎回歌う曲歌う曲でチャレンジしていて良いなぁと思います。

 

原曲

Superflyさんの「タマシイレボリューション」

www.youtube.com

この曲は2010 FIFAワールドカップのテーマソングとして使用を開始してその後、Jリーグ中継、天皇杯、AFCアジアカップ2011その他のサッカー中継やスポーツニュースで使用された曲です。

 

大渕さんのタマシイレボリューションを聞いた後に、Surperflyの曲を聴いてしまうと、プロはめちゃめちゃ歌上手いなぁと思ってしまう。決して大渕さんが下手だと言っているわけではないです。ここまで残ってきているので、大渕さんも歌は上手いのに。それをさらに上待っているのがプロなんだなというのを聞き比べて感じます。

 

大渕野々花さんについてはこちらの記事でも記載しています。

大渕さんが気になった方はご覧ください。

 

3次審査、1回戦で阿児万寿美さんと対決した時の歌唱

大渕野々花さんで、曲は絢香さんの「にじいろ」

buried-treasure.hatenablog.com

 

2次審査で萩原直史さんと対決した時の歌唱と

1次審査の時の歌唱

大渕野々花さんで、曲はポルノグラフィティの「ジョバイロ」中村中さんの「友達の詩」

buried-treasure.hatenablog.com

 

審査結果がこちら

www.youtube.com

 

結果は5対0で鍛治野さんの勝利。

5対0は精神的にきついだろうなと思ってしまった。

 

結果発表後のコメント

鍛治野友美さん

まさか5票も入っていると思っていなくてすごく嬉しいです。

 

審査員のコメント

大沢伸一さん

やはり一回戦で負けられてお互いにね。その緊張を払拭というか開き直っちゃうところで、素直に自分の音楽を出せた鍛治野さんとやっぱり比べちゃうと、大渕さん緊張が最後まで取れなかったってところもあって、結果的には明暗分かれた気がしています。

 

島田昌典さん

鍛治野さんに関してはですね、選曲がバッチリだったと思いました。鍛治野さんの魅力が思う存分出たんじゃないかなと思います。それを次のステージにうまく反映できるかってのが勝負だと思うので、次にもっともっと僕は期待しますので、頑張って下さい。

 

本間昭光さん

大渕さん、すごく元気で良かったと思うんですよ。盛り上げる感じもあったし、そういうところはあるんだけれども、いかんせん今日の曲、もしかしたら自分の表現できるところに合ってなかったんじゃないかなっていうところがあったんですよ。だからそれをなんとなく自分の中のテーマにしておいてもらえれば、いいかなと思います。

 

本間さん良いコメントするなぁー、本間さんは大渕さんの為にこれからのことを考えてアドバイスをしていて、すごく優しい人だと思う。しかもかなり的確。

 

僕は審査員の中では、本間昭光さん、坂本昌之さん、冨田ラボさんの3人が特に好きです。

 

審査結果後のコメント

大渕野々花さん

票の数が全てだとは思っていないのですけど、やっぱり全体的に、こう完成度というか、精度が落ちていたってのは、すごく感じていたので、まぁ納得の結果なんですけど、やっぱり悔しい部分もあるので、先生方に教えて頂いたことを糧に、ちょっと練習して頑張っていければなと思いました。

 

その後の大渕野々花さんのコメント

 この舞台から自分のせいなんですけど、離れなきゃいけないってのが、すごく寂しいです。

 

自分のせいって認識しているのはすごく良いなと思いました。

15歳でこんな挫折を経験することはめったにないと思う。

自分の自信のある分野で5対0で負けてしまうことは辛いことだけど、

これから先があるので、頑張って行って欲しいなと思います。